移住して気が付いたら食べ物はほぼ淡路島産状態に

「淡路島産のものばっかり食べてないかい?」

最近ふとそんな風に気が付きました。

 

例えば今日の朝食もこんな感じ。

68

淡路島産の牛乳でカフェオレ

90

同じく淡路島産のヨーグルトと淡路島の農園のレモンマーマレード

 

他にも野菜なんかは産直市場メインで買っているからほぼ淡路島産、

お魚なんかも淡路の漁港直送のものが結構多いですし。

 

「移住してから食が豊かになったって幸せだ」

ってブログにも書いたことあったんですけど、

 

「なんかこの島自給率高そうだなぁ」

 

淡路島は食料自給率100%超え

農林水産省のHPによれば、

日本の平成25年度の食料自給率は、カロリーベースは前年度と同率で39%、生産額ベースは前年度から2ポイント減少し65%。

なんだそうですけど、

そんな中、ここ淡路島は、

100%超え(カロリーベース)

なんですって。

お~、素晴らしいですね。

 

淡路島は御食国としての歴史もあるよ

御食国とは?

Wikipediaによれば、

御食国(みけつくに)は、日本古代から平安時代まで、(にえ)の貢進国、すなわち皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料(穀類以外の副食物)を貢いだと推定される国を指す言葉。

大昔から良質な食の宝庫だったんですね~。納得!

 

私も海水産物の恩恵をありがたく受けてます。

すぐそばで取れた海の幸、すごーく新鮮で、

鮮魚コーナーに行くのが楽しみの一つなんですよね〜。

例えばこういうのとかね。

50

タコは酢の物に、

アナゴとタコの残りは天ぷらして食べましたよ。

美味しかったなぁ~。

 

淡路島は今も昔も食の宝庫です。

極楽極楽〜♫

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ