Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/koitora/www/happy/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

家を買ったがそれを資産とはあんまり考えてない

よく巷で耳にするセリフ

「家(マンション)は買えば老後の資産として残るけど、賃貸だと何にも残らないからね~。」

ここで素朴な疑問、家って買えばほんとに老後の「資産」として残るんですかね?

たしかに住宅ローン完済すれば、無事抵当権も抹消されて、いってみればきれいな所有権は残るんですけど、べつにその所有権がお金を生むわけじゃないですから・・・。

じゃあ晴れてローンを完済した数十年後、その買った家は一体どれだけのお金を生み出してくれるんでしょう

まずたいていの建物は買ったその瞬間から値下がりすると思うんですよね。買ったその足で仮に売ったとしても、自分が買った金額よりも最低でも売却にかかる諸費用(仲介手数料など)分を上回る金額じゃないとすでに損ですもんね。

まして経年劣化した家なんてさらに値下がり確実。

じゃあ土地付き一戸建てなら大丈夫なのでしょうか?

うーん、土地の価格がゼロになるってことはないと思うんですけど、でもまあ売れなければゼロ同然、いや固定資産税分マイナスなんで負債ですね・・・。

更地ならまだいいんですけど、老朽化した価値なしの建物なんか建ってるなら、その撤去費用がかかるか、もしくは撤去費用相当分を土地の値段を下げて売ることになるかと。

まあ売らなくても借り手がついて地代が入るならいいんですけど。

そう考えるとマンションであれ、土地付き一戸建てであれ、それらを買って数十年後に資産として残ったって言えるには、

その時になって売れる価格-(不動産の維持・修繕にかかった出費の合計額、売却の際にかかる仲介手数料など)>0円じゃないとだめなんじゃないのかなぁ~。

だとすればやっぱり結局のところ、数十年後の不動産価格ってどうなのよ?ってところがポイントなんでしょうか。

価格は需要と供給のバランスで決まるという側面からみると、今後住宅の需要が供給を上回れば、もしくは最悪でも均衡していればいいってことですよね。

その点どうでしょう?日本、人口減少が見込まれているので望みは薄そう・・・。積極的な移民受け入れ政策とかとるんでしょうか?うーん、専門家の皆さんどうなんですか??

あとは不動産価格固有のものというよりは物価全般の変化、デフレ・インフレがどの程度進むのかという観点。

これは怖いですよね~。

記事のタイトルからすれば、「じゃあなんで家買ったんだよ」って話で、値下がり確実で資産ともあんまり考えていない家というものを、しかも都市部とは違い流動性も著しく低いであろうと予想している田舎に、どうして買ったか

その理由の一つがインフレの恐怖、これなんです。

インフレって貨幣価値が下がるじゃないですか。今手にある日本円1万円が数十年後も1万円の価値でいてくれる保証がないんですよね。

なので資産の全部が日本円とか抵抗あります。

一応念のため。

私は経済知識が豊富なわけではないただの素人ですので、あくまでも独り言だと思ってくださいね。

それにしてもほんと、これからどうなるのよ日本経済・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ