Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/koitora/www/happy/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

日本人の大部分が不動産投資している?!まさか全力投資じゃないよね?

最近では「家は買わず賃貸派です」という人結構見かけるようになりました。

それでも数十年の住宅ローンを組み家を買う、このライフスタイルがまだまだ主要な気もします。

どちらがいいのか、得なのか、その議論もちょくちょく耳にしたり、それについてのいろんな記事もありますね。

正直数十年後の不動産価格や、物価の状況なんてドンピシャで分かる人なんていないんじゃないかなあと思うので、答えは謎だと思うんです。

家を買ったがそれを資産とはあまり思っていない

いずれにしてももし家を買うならば、持っていたほうがいいと思う認識がこれ。

「自己の居住用としての不動産購入も、いわゆる不動産投資をしているのと同じ状況だ」

ということです。

マイホーム購入って、実は不動産価格の変動というリスクを伴う投資なんですよね。

なのでもし家を買うなら、「自分の資産のどれくらいの割合をマイホーム購入という名の不動産投資に充てるのか」という視点を忘れてはいけないと思うんです。

決して「どれくらいの住宅ローンなら支払っていけるか」って視点じゃないのです。もしこういう視点でいるならば、それは「株式投資やFX投資、その他先物投資をするのに、どれくらいの借金までならできるかな」って言ってるのと同じじゃないかと。

仮に資産のすべてがマイホームという状態は、不動産投資に全力投球状態です。しかも住宅ローンがあるならば、その投資資金は金利の発生する借金なんです。

「私、3千万円借金をして、株を買ったの。しかも一銘柄を全力買いだよ。」と聞けば、「それはやばいでしょ、その株上がらなかったらどうするの?下がっても配当金でカバーできるとかなの?ほんとに大丈夫なの?この人はギャンブラーなのかな・・・。」って思いませんか?

それなのにマイホーム購入となるとこういった感覚は薄い、もしくは全くないのは本当に危険です。

それからもうひとつ注意すべきは、不動産の流動性という観点。買ったマイホーム、売りたいときに売れますか?っていうことです。売れるまで数年かかるリスク、下手したら売れないリスクがありますよってことですね。

株式投資やFX投資、先物などの投資は危険だとか怖いとかってよく聞くのに、マイホーム購入(しかも住宅ローンという多額の借金して)はあんまり怖がられないような気がしたので書いてみました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ